2013年4月新規事業として「生体分子間相互作用受託解析サービス」の開始
    大阪大学特任教授小林祐次先生と一緒に創薬における物理化学的手法(超遠心分析、
    示差走査型熱量計による分析など)による構造・物性評価および蛋白質等の生体高分
    子と生理活性物質との相互作用についての受託解析サービスを行うこととなりました。

2013年 3月22日 大阪大学と共同研究契約締結
2013年 2月 大阪大学との共同研究の申込み
2013年 1月明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます
2012年 9月 D大学との共同研究終了
2012年 7月 第72回アイバイオフォーラム開催
       第72回 アイバイオフォーラム
       開催日時 :2012年7月2日(水) 14:00〜 場所:東京都品川区立総合区民会館
       フォーラムテーマ : “インシリコ創薬”
         (1)「インシリコ創薬 概説」 I-BIO コンサルティング
              アドバイザー 清末 芳生
         (2)「ファルマデザイン : インシリコ創薬による新薬創製の効率化」
              株式会社ファルマデザイン 代表取締役 古谷 利夫先生
         (3)「タンパク質間相互作用を標的とした新しい in silico 創薬方法論の開発」
              東京理科大学薬学部 教授 薬学部長 田沼 靖一 先生
           終了後、交流会開催
2012年 7月A社に臨床試験報告書提出
2012年 6月文部科学省Astepに申請書提出
2012年 5月第71回アイバイオフォーラム開催
いままでの今堀アイバイオフォーラムから発展的にアイバイオフォーラムにリニューアル
第71回 アイバイオフォーラム
開催日時 : 2012年5月9日(水) 14:00 〜  場所 : 東京都品川区立総合区民会館
フォーラムテーマ : “コホート研究と創薬ー糖尿病を例にー”
(1)「コホート研究と創薬 概説」 I-BIO コンサルティングアドバイザー 清末 芳生
(2)「コホート研究がもたらしたものと今後の創薬の方向性
ー特に糖尿病創薬への事例についてー」 
ヒュービットジェノミクス株式会社 代表取締役社長 一円 剛 先生
(3)「GWAS研究の次に来るものーrare variants探索とエピジェネティクスー」
医療法人平成博愛会 世田谷記念病院 板倉 光夫 先生
2012年 3月C大学との共同研究契約の仲介
2012年 3月B大学との共同研究契約終了
2012年 1月第70回今堀アイバイオフォーラム開催
第70回 今堀アイバイオフォーラム
開催日時 : 2012年1月24日(火) 14:00 〜  場所 : 東京都品川区立総合区民会館
フォーラムテーマ : “先制医療と創薬”
(1)「先制医療と創薬」 I-BIO コンサルティングアドバイザー 清末 芳生
(2)「先制医療としての再生医療とゲノムサイエンス」 
螢愁法コンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー 桜田 一洋 先生
(3)「超高齢社会における医療の目的ー先制医療を中心にー」
(財)先端医療振興財団 理事長 京都大学名誉教授 井村 裕夫 先生
2011年12月ベンチャー企業A社より食品臨床試験一括受注
2011年10月第69回今堀アイバイオフォーラム開催
第69回 今堀アイバイオフォーラム
開催日時 : 2011年10月12日(水) 14:00 〜  場所 : 東京都品川区立総合区民会館
フォーラムテーマ : “オミックス情報と創薬”
(1)「オミックス医療と創薬」 I-BIO コンサルティングアドバイザー 清末 芳生
(2)「創薬標的分子と診断マーカー探索のプロテオミクス」 
横浜市立大学先端医科学研究センター長 教授 平野 久 先生
(3)「エピジェネテックス創薬−未来予測、創薬戦略を生かすには ? ー」
東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 塩田 邦郎 先生